閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 使いやすい収納と使いにくい収納の分かれ目

使いやすい収納と使いにくい収納の分かれ目

2018.12.7

Pocket

1歳と2か月の娘がいる我が家では、最近娘の物で、

リビングが侵食されつつあります。

 

はじめは1冊しかなかった絵本も、気が付けば6冊。

ちよち歩いて絵本をもってきて、

読んで読んで!とするしぐさがかわいく、

ついつい買ってしまいました。

 

ちょっと目を離すと、整頓してある絵本が

一瞬にしてちらかっています。

本当に子どもって散らかすのが天才的にはやいですね。

 

ただ、いまでさえものが結構増えてきているのに、

小学校、中学校となるともっと子供のもので

部屋が埋め尽くされるのだろうなーと、

考えている今日この頃です。

 

おはようございます。

さくらホーム 中川です。

 

世間一般では、一戸建てを建てるとき、

延べ床面積の10%の収納があると望ましいとされています。

 

ですので、30坪(=60帖)のお家だと、

6帖以上の収納があると良い、ということになりますね。

 

しかし、実際にお家に住んだ時に、これぐらいの収納で

本当に充分な量だといえるのでしょうか。

もしかしたら足りないんじゃないかな?と思うかもしれません。

 

あなたがお家を建てるとなったとき、

できるだけ多くの収納を作りたいと思うでしょう。

 

今は物が溢れている時代です。

 

現状住んでいるお家には収納が少なくて、

リビングに物がどんどん溢れてしまい、

結果として家が狭く感じて、不便な暮らしを

しないといけないことになっていると思います。

 

それを解消するために、お家を設計するときは

できるだけ多くの収納が欲しいと要望して、

延べ床面積の10%を目安として、

お家づくりをされている人が多いです。

 

しかし、実際のところ、それだけ多くの収納を

作ったのにもかかわらず、収納が足りないと

困っている人が多くいるのです。

 

どうしてそうなってしまうのでしょう。

それはずばり、

 

1階に収納が足りない」

 

からなんです。

 

あなたがお家づくりをイメージしたとき、

リビングは1階に置いて、子供部屋と寝室は2階に置きますよね?

 

そうすると、2階には多くの収納を作ることができますが、

1階には十分な量の収納を作ることができないことが

多いんです。

 

まず、リビングは少しでも広いほうがいいと思うでしょうし、

そのほかに玄関や水回り、お風呂や洗面脱衣所なども、

1階に配置することがほとんどだと思います。

 

また、誰にもくっついてくるお家づくりの時の問題が、

予算との兼ね合いです。ちょっとでも家のコストを下げようとすると、

1階の面積を狭くしようとしていまいます。

 

これらを考えていくと、どうしても1階に

多くの収納を作ることが難しくなってしまうんですよね。

そしてその分の収納を2階に作ることが多いんです。

 

ただ、2階にたくさんの収納があっても、

使いにくいんですよ・・・。

 

2階に多くの収納をつくると、

たくさん収納があるから便利、

という錯覚に陥ってしまうんです。

本当に2階の収納って便利なんでしょうか?

 

想像してみてください。

 

あなたのお子さんはまだ小さく、

幼稚園だったり、保育園に通っているとします。

 

そうすると、2階の子供部屋の収納はどのようにして、

使われますか?

そもそもその子供部屋を子供のために使いますか?

 

1階の収納が階段下収納と、キッチンのカップボードの

余った部分だけだったりすると、

生活必需品だけで物が溢れてしまい、

こどもの荷物やカバンなど置くスペースもままなりません。。

 

毎日使うものを、わざわざ2階の収納で出し入れするのは

とても大変ですよね。

 

そんな状態で、

小学校にお子さんが通いだすと、お家のリビングは

どうなってしまうのでしょうか。

 

ランドセルや習字セット、体操服などで、

リビングがどんどん占領されていき、なかなか2階の子供部屋は

使ってくれません。

 

そうすると、せっかくの自慢のリビングが

物であふれてどんどん狭くなっていきます。

 

ですからそうならないためにも、

1階の暮らしを中心とした間取りづくりを

考えていくようにしないといけません。

 

弊社では、

暮らしの中心となる1階に多くの使いやすい収納を作ることを

意識した間取りづくりをご提案させていただいております。

 

お客様によって、要望や予算がことなるので、

はっきりとした数字をいうことはできないのですが、

基本的に、1階の延床面積の20%程の収納を、

提案させていただいています。

1階が20坪だとすると8帖分の収納です。

 

これだけの収納が1階にあると、

片付けや、整理整頓もしやすそうでしょう?

 

そうすれば、リビングやキッチンが物であふれることもなくなり、

すっきりきれいにお使いいただけるかとおもいます。

もちろん、お子様が学校に通いだしてからもです。

 

もし、あなたがそんなお家に少しでも興味があれば、

いつでもご相談いただければ、幸いです。

 

あなたが、こんな家に住みたい!

と思えるお家を提案させていただけるよう、

頑張ります^^

 

さくらホーム中川雄大でした。

カテゴリー:ブログ
↑TOP