閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 痛~い月々のローンの支払い

痛~い月々のローンの支払い

2018.12.12

Pocket

 

 

あなたがもし、収入1000万以上あって、

お金に不自由がない方だったり、

実家がお金持ちで、将来の不安がない方だと、

家づくりの予算をそれほどシビアには考えないかと思います。

 

ただ私も多くの方と同様、後々の暮らしを考えると

シビアに考えてしまいます。

 

10年後の将来がどうなるかわからない今の時代、

すこしでも月々の負担を減らすのが、将来のためだと思いますよね。

 

おはようございます。

さくらホーム 中川です。

 

お客様が他の住宅会社などに聞いた情報によると、

一般的にはみなさん、トータル3500万ぐらいで、

家づくりをされているようです。

 

土地取得費1100万円+建築費2000万+外構費150万

+地盤改良費50万+諸経費200万ぐらいでしょうか。

 

このケースの場合、諸経費200万を自己資金で賄い、

3300万円を、全期間固定金利のローン(1.35パーセント)35年で、

借り入れたときの月々の支払いはなんと!

 

98,633円になるんです。

 

もしあなたのお家の手取り月収が40万円だったとして、

この支払額をどう思われますか?

 

正直ちょっとしんどいですよね?

 

世帯収入の約4分の1の支払いですので、

そこまでキツイ!というわけではないですが、

あまり日常の生活にゆとりがあるとは思えません。

 

あなたのお小遣いが減るのは確実でしょうし、

たまにの旅行もあまりいけないでしょう。

 

そして共働きの場合、奥さんは仕事を辞めることができないかと思います。

(旦那さんの収入にもよりますが)

 

そして、子供が小さいうちは、食費もレジャー費も、教育費も、

そこまでお金もかかりませんが、

大きくなるにつれて、どんどんお金がかかるようになります。

中学生にもなると、携帯代や、電気代、塾代などもかかってきます。

 

そう考えると、あなたの収入で賄える範囲だけで、月々の支払の金額を

設定するほうがいいとはおもいませんか?

手取り25万円だとすれば、多くても80,000円、

できれば70,000円におさえたいですよね。

そうすればその後の暮らしにも余裕が出てくるかと思います。

 

もし、月々の支払を80,000円だとすると、

2700万円の借り入れとなります。

この場合、ご両親に600万を贈与してもらうように

頼むか、600万カットしたお家づくりをしなければなりません。

 

これを70,000円だとすると、

2350万円の借り入れとなり、

さすがに950万を贈与してもらうのは難しいですし、

950万カットして家づくりを計画しなければなりません。

(こうなると、土地を買わない方向であったり、大幅な計画変更をしないといけません。)

 

すこし、シビアかもしれませんが、やはりこれくらいの数字のほうが、

あなたの後々の暮らしのためを思うと、現実的だと思います。

 

しかし、多くの方は、何も知らずに、住宅会社に言われるがままに、

無理な予算を組まされて、家づくりを進めてしまっていることがあるかとおもいます。

それぐらい普通ですよと言われると、多少無理をしてでも、

夢のマイホームのためなら突き進んでしまう人も多いかと思います。

 

そうなってしますと、後々の暮らしがしんどくなるのは

目に見えていますよね。

 

なので、家づくりの時にはまず最初に、

しっかり地に足の着いた資金計画を行い、

無理のない家づくりを進めて行ってほしいと思います。

 

ではまた。

 

 

 

カテゴリー:ブログ
↑TOP