閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 平屋を建てる時のポイントその1

平屋を建てる時のポイントその1

2019.11.1

Pocket

 

 

暇なときにおススメなのが、住宅展示場や住宅博覧会イベントです^^

結構いろんな催しものやプレゼントがあったりで、

冷やかしでも十分楽しめますよ。

 

接客されるときに、はっきりと買う気はありません。

と伝えてあげると、スタッフも無理に売ろうともしませんし^^

 

やることないなーという人は、是非足を運んでみてはいかかがしょうか。

 

こんにちは。さくらホーム 中川雄大です。

 

私たちは普段、将来に向けての暮らしやすさ、使いやすさに

優れているという点から、平屋を提案させていただくことが多いです。

 

しかし、平屋を建てようとすると、

2階建てのお家と全く同じ面積だとすると

どうしても坪単価が高くなりがちですし、

土地も広くなければいけないので、コストアップしてしまう

可能性が高くなってしまいます。

 

そして、全ての部屋を一回に配置すると、

設計次第では、プライバシー性がなくなり、

どこになにがあるのかすぐわかってしまうような

お家にもなりかねません。

 

そうならないためにも、

平屋を建てる時に気を付けて頂きたいポイントがあります。

 

それは、

コストアップにならないよう、無駄を省いて必要最小限の面積に抑える!

ということです。

 

2階建て住宅の大きなデメリットとして、

部屋が上下に分かれてしまうということが挙げられます。

 

こうなってしまうと、子供はなかなか自分の物を2階にもっていくのが

めんどうになり、リビングに散乱してしまうんですよね。

 

服や、コートなどもいちいち2階の寝室のクローゼットまで

もっていくのがめんどうになり、結果ダイニングの椅子が

ハンガー代わりになりがちですよね。

 

もし、2階建てのお家でこれを防ぐとなると、

1階の面積が大きくなってしまい、どんどんコストがかさんでしまいます。

 

結果、月々の支払いがしんどくなり生活が苦しくなってしまいます。

また、家の面積が大きくなれば、その分家事の負担も増しますし、

維持管理も大変になってきます。

 

それが平家となると、全ての部屋が1階に集まるので、

余分な収納を増やすことなく、自分の荷物を自分の部屋の

収納にかたづけられますし、家事の動線も短くなるので、

リビングやダイニングが散らかりにくくなるんです。

 

ですので、平屋にすると

無駄な面積を増やすことなく、使いやすいお家にすることができるのですが、

とはいっても、やはり坪単価でみると、高くなりがちです。

そうならないためにも、さらに無駄なスペースを無くす必要が出てきます。

 

そのためには、寝室や子供部屋など、各部屋の配置を

緻密に計算して、うまく設計することが大事になります。

 

こうすることで、2階に個室を配置した時のような無駄な廊下を、

カットすることができるんです。

 

2階がなければ、トイレなども2ヶ所作る必要もなくなります。

これらを合わせると4帖ほどの無駄な面積をカットできることになります。

 

さらに、将来使われなくなるのがわかっている、

2階の子供部屋やトイレの掃除や管理の手間も同時にカットできます。

 

さらに、平屋にすると階段がなくなります。そうすると、

大体4帖はカットすることができるので、

廊下、トイレ、階段を合わせると、

8帖=4坪もの無駄な面積をカットすることができるようになります。

 

つまり、平屋にしたとしても

そこまで大きくコストが高くなることなく、

同じ広さの部屋と、収納で、ワンフロアの使いやすいお家が

できるということがおわかりいただけましたでしょうか?

 

ちなみに、家の面積をカットすれば、土地の面積もカットできます。

 

結構多くの方が、平屋を建てるのに70坪以上、ひどい人だと

100坪以上必要だと勘違いされてる方が多いんです。

 

しかし、実際のところ、55坪もあれば4人家族で

十分ゆったり過ごしてもらえる平屋が建つんです。

 

ただ、これには先ほどの通り、

無駄を限りなくなくし、

必要最小限の面積に抑えられたらの話です。

普通の無駄だらけな平屋住宅だと、70坪は必要になることが多いです。

 

ですので、平屋を建てる時には、

家も土地も、コストを抑えるために、

無駄をなくした設計ですることが大事になります。

 

ただ、それだけだと、

暮らしやすいお家にはならないんです。

 

そうならないためにはどうしたらいいのか?

 

次回はそのためのもう一つのポイントについて

お伝えしたいと思います。

 

ではまた次回に!!

 

 

カテゴリー:ブログ
↑TOP