閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 予算をかけすぎない家づくりのコツとは

予算をかけすぎない家づくりのコツとは

2019.7.8

Pocket

ようやくビールがおいしい季節になってきました。

汗をかいて、風呂上りに飲むビールは格別です。

ビールといっても第三のビールなんですが、、、

 

なるべくお金を掛けずにとおもうとなかなか

本当のビールには手が届きません泣

 

ただ、お家づくりとなるとそうはいきませんよね。

なるべく予算内のなかでいいものをつくりたい

妥協なんてしたくない、って思うでしょう。

 

そして土地を買おうとしている人は

 

「南側が道路になっていて、土地の形も四角くて、日当たりも良い土地」

 

を買いたいと思っている人が多いと思います。

 

実際このように好条件がそろっている土地は、多少値段がたかくとも

すぐに売れていくんです。

 

ただ、残念ながら、せっかく大金はたいて良い土地を買われた方が

実際に家を建ててみると、その良さがなくなってしまうような

家づくりをしてしまう、というようなことが結構あるんです。

 

おはようございます。SIMPLE NOTE 和歌山スタジオ 中川です。

 

もしそんな好条件の土地があったとして、

あなたはリビングをどこにもっていきますか?

南側ですよね?

そして当然のように、大きな窓を南側に作るかと思います。

せっかく南向きの土地を買ったんですから

光を取り込みたいですよね。

 

ただ、その窓の向こうには道路があり、人や車も通ります。

そしてその向こう側にはお向かいさんがいらっしゃって、、、

となると人目が気になりませんか?

 

するとあなたはカーテンをつけるかと思います。

日中、家でくつろいだり、部屋着で家事をする姿なんて

あまり他人に見られたくないですよね。

 

するとその窓は昼間なのにほとんどカーテンを開けられない窓に

なってしまうんです。

 

「南側にリビングを置いて、大きな窓を作って光を取り込む」

この常識を疑うことなく、多くの人たちが家づくりをされていて、

設計もそのような設計にするのが自然な成り行きになってしまってます。

設計士もこういった設計をしないとお客様から批判が出てくるので

無難にこんな設計にしてしまいがちなんです。

 

その結果、風通しが悪く、そこまで明るくないお家になってしまうんです。

 

そしてこういった設計のお家は

ほとんどの窓にカーテンをつけないと人目が気になってしまうような

窓の配置になっているので、またお金をだしてカーテンをたくさん

付けないといけません。

 

そして、1階のお部屋だとカーテンだけでは心もとないと感じて、

庭に高い塀を設置したり、目隠しをするために必要以上の工事をしてしまい、

また高いエクステリア費用を支払うことになってしまうんです。

 

つまり何が言いたいかといいますと、

条件の良い高い土地を買ってしまった場合

それに伴って、家づくりの予算自体がどんどん吊り上がってしまう

可能性が大いにあるということなんです。

 

予算がたくさんあって、じゃぶじゃぶお金を使えるような人は

大丈夫なんですが、ほとんどの人はそうじゃないと思います。

 

じゃあどうすればいいのでしょうか?

 

まず最初に、「土地の予算自体を抑える」というのがポイントになります。

 

本当のことをいいますと、「明るくて、風通しがよくて、暮らしやすい家」

というのは、土地の立地や形状はそこまで関係ないんです。

 

設計の工夫一つでその希望は叶えられるんです。

 

しかもそうすることで、

カーテンにかける費用や、庭にかける費用もかなり抑えられるんです。

 

なぜなら、工夫してアイデアたっぷりの設計のお家は、

窓の取り方ひとつとっても工夫をしていて、プライバシー性や防犯性も

非常に高くなっています。

 

それに伴ってデザイン性もよくなるので、わざわざ庭にお金を掛けなくても

充分お家の見た目がによくなるんです。

極端に言うと砂利を敷くだけでも良かったりします。

 

ただ、その設計をするためには知識とアイデアが必要になるんですよね。

 

そして、常識にとらわれないということも大事になります。

世の中の常識がすべてただしいとは限りませんよね。

 

もし、土地代を300万円抑えられて、カーテン代を30万円抑えられて、

庭代も170万円おさえられたとすると、全部で500万円もの予算を

抑えることが出来るようになるんです。

 

これを月々の支払で考えると、15,000円も出費が減ることになります。

 

そのお金で年一回、家族旅行にいったり、あるいは将来のための貯金に

回すことだってできるようになります。

 

家をもってからでも、毎年、家族旅行にいけるなんて

凄く素敵ですよね。

 

私はお家を建てた後も、幸せに暮らしていただけるような家づくりを

したいと考えていますし、家を建てることではなく、そのあとの暮らしこそが

家づくりで一番大切なことだと思っています。

 

ぜひあなたのお家づくりに役立てて頂ければ幸いです。

 

それではまた次回、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:ブログ
↑TOP