閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 資金計画の意味とは

資金計画の意味とは

2019.8.17

Pocket

 

私たちは、家づくりをされる方達にたいして、必ず資金計画からされるようにとお話させていただきます。

お家を建てた後に、暮らしが苦しくなるような無理のある返済計画は絶対にいけません。

 

住宅会社の中には、「あなたほどの世帯年収だともうすこし予算を上げてもいいですよ」とか

これぐらいが一般的な予算なのでもう少し上げましょう」といってくる

営業マンがいたりするでしょう。

 

しかし、惑わされてはなりません。それぞれの収入に応じて、支出はお家によって様々です。

決して無理のない資金計画を立てて頂きたいと思います。

 

おはようございます。SIMPLE NOTE和歌山スタジオ中川雄大です。

 

土地は親からもらったとかではなく、自分の住宅ローンで買われる人、

親からの援助はなく、諸費用をまかなえる程度の貯金で新築を建てられる方、

特段、収入がおおいわけではなく、平均的な年収の方、いろいろあるかと思います。

そういった方たちには、より現実的に資金計画を行って、

建てた後の暮らしや未来に負担がないような予算で、家づくりをされることをおススメします。

 

土地を探すとき、ほとんどの人は日当たりが良く、道路も広くて、周囲の環境もよく、

形も真四角で、学校、スーパーが近くて、というようなだれが見ても良い土地を買いたいと思うでしょう。

 

ただ、もちろん、そういった土地は価格が高く設定されています。

相場よりも割高なところがほとんどです。

 

それでも無理をして、良い土地を買ってしまうと、確実にそのしわ寄せは

おうちの方に回ってきてしまいます。

思ったような間取りができなかったり、お家の性能や質を下げざるをえなくなったり、、、

 

かといって家も妥協できない!となるとそのあとの暮らしに大きな負担がのしかかります。

月々のローン返済に追われ、満足に家族旅行もいけなくなることもあります。

 

ではどんな風に土地を探せばいいのか?

コツは他の人が狙わないような土地を買うことです。

たとえば、形の悪い変形地や、日当たりがあまりよくなさそうな土地です。

 

このような土地は、まず間違いなく安く価格設定がされているかと思います。

そして、そういう土地はなかなか売れないので、値段交渉も応じてくれやすく、

より安く土地を購入することが出来るからなんです。

 

こういった土地は、デメリットだらけに感じてしまいやすく、

メリットが存在したとしても、普通の住宅の間取りだとデメリットばかりが

目立つようなことになってしまいます。

 

しかし、実は住宅会社側が、その土地の個性を最大限活かしたプラン提案ができれば、

予算を抑えつつ、より住みやすいお家づくりが実現可能になるんです。

これが注文住宅の本当の醍醐味なんですよね。

 

ただ、そうするためには住宅会社も一般論や常識的な思い込み、量産的な間取り思考等

いろんなものを捨てて、常に新しい発想を生み出していくような努力をしなければなりません。

 

私たちは、そういった画期的なプランを提案させていただけるよう、

日々努力しております。すこしでも気になることがあればご相談いただければと思います。

それでは、、、

 

カテゴリー:ブログ
↑TOP