閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 建てた後にみんなが後悔するポイント

建てた後にみんなが後悔するポイント

2019.8.31

Pocket

 

注文住宅の醍醐味は世界に一つしかない、あなたのためだけのお家づくりをできることだと思います。

しかし、中古住宅や、建て売りとは違って、実際のものがないので、いざ住んでみると

”こうしといたらよかった”というようなことが出てきてしまうんです。

 

おはようございます。SIMPLE NOTE和歌山スタジオ中川です。

 

実際にお家をたてて、住まれている方に話をきくと、

”1階の収納が少なくて困っている”というお話をよく聞きます。

 

多くの方が、お家を設計するときは、2階に収納がたくさんあるので、十分だと

お考えになるんですが、実際に住んでみると1階の収納の少なさに

皆さんストレスを感じられることが多いんです。

 

具体的な例を挙げてみたいと思います。

 

 

リビングのあちこちに荷物がありごちゃごちゃしてしまう

1階の収納が少ないと、ほとんどの人はリビングに荷物をおいてしまいます。

ほとんどの時間をリビングで過ごすことになるので、

2階までいちいちもって上がるのが面倒くさくなってしまうんです。

せっかく10帖リビングスペースがあったとしても、

実質7帖ぐらいしか使えないような状況になり、ゆったり過ごせなくなります。

 

ダイニングテーブルの上が書類だらけになり、椅子の背もたれがハンガーに、、、

収納がすくないと、リビングが散らかるだけでなく、ダイニングテーブルの上や、

椅子も本来の目的でない使われ方になってしまいます。せっかく10万円以上かけて

買った自慢の家具もかわいそうですよね。あなたも心当たりがあるのではないでしょうか?

 

・常に部屋が散らかっていると、ストレスが溜まりケンカの元に、、、

今はほとんどの方が共働きをされているかと思います。そのためには、

お互いに家事や子育てを両立させないといけないので、

家事の負担を少しでも減らさないとストレスが溜まりやすい状況になってしまいます。

収納が少ないことで、片づけもしにくくなり、そうなると掃除もしにくくなり、、、

そんな環境ではゆったり過ごすことはむずしいですよね。

 

想像すると、こういった状況が目に浮かんでくるかと思います。

1階の収納がすくないと、多くの方が将来的にこの状況に陥ってしまうんです。

 

ですから私達は、実際に暮らしだしてからこのような現実に直面して、

ストレスばかりたまるような環境にならないように、

なるべく1階の面積を広くプランするようにさせていただいております。

 

それでは、、、

 

 

 

 

カテゴリー:ブログ
↑TOP