閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 予算を重視した上で行なう土地探し

予算を重視した上で行なう土地探し

2020.9.14

Pocket

建てた後も生活の質を落とさないように

家づくりを完遂しようと思えば、

土地探しは資金計画を行なってからするようにすべきなのですが、

そうなれば、多くの方が土地に費やせる予算が思ったより少ない…

という現実に直面することになります。

 

そして、予算に重点を置きながら土地探しを行なっていくとした場合、

土地探しは、多くの方にとって早く家が欲しいと

ウズウズしている気持ちに“待った”をかける存在となります。

 

なぜなら、予算に制限をかければ、

土地の選択肢が幾分狭くなってしまうし、

価格設定が安くされている土地を狙っていくとした場合、

形や立地といった条件面において、

どうしても価格設定が高くされた土地に比べると

劣っているような気がするからです。

 

それに加えて、一生住むことになるがゆえに、

近所のことも気になれば周辺環境のことも気になるでしょうし、

水害を始めとした自然災害の影響のことも気になることから、

余計に頭を悩ますことになります。

 

おはようございます。

SIMPLE  NOTE  和歌山スタジオ 和田です。

 

ですが、予算に制限をかけることなく

土地探しをしてしまった場合、

確かに土地探しはそれほど難しいものではなく、

意外にあっさりと土地を購入することができるかもしれませんが、

その反面、以下のようなしわよせがやってくる可能性が

大幅にアップしてしまいます…

 

 

  • 予算が大幅にアップし、返済がしんどくなる…

 

これが最も最悪の状態です。

理想の土地を購入し、理想の家を建ててしまった場合、

ほぼ間違いなく大幅に予算をオーバーすることになります。

よほど、自己資金が準備できない限り…

 

例えば、あなたにとってベストな返済金額が70,000円だとしたら、

借入すべき金額は2500万円となります。

そして、もしあなたが準備できる自己資金が300万円だとしたら、

あなたの総予算は2800万円となります。

 

この場合、あなたが土地と家に費やせる金額は、

2600万円ぐらいになるわけですが、

もし、ここで土地購入費に1200万円を使ってしまったとしたら

(土地代1150万円+土地購入の経費50万円=1200万円)

一体どうなるでしょうか?

 

予算の範囲内で家づくりをしていこうと思えば、

庭の工事費用まで含めて、あなたが家に費やせる予算は、

1400万円ということになりますが、

庭の工事代として100万円差し引くとすると、

1300万円で家を建てないといけなくなってしまうということになります。

もちろん消費税も含めてです。

 

もしあなたが理想とする家が2000万円ぐらいの家だとしたら、

この場合どうしますか?

大きく家を妥協しますか?

それとも、700万円余分に借入を増やすようにしますか?

 

借入を増やすと

月々の返済額は20,000円アップしてしまうことになりますが、

これはさすがにしんどいですよね…

家を建てれば、固定資産税が必要になったり、

メンテナンス費用も積み立てていかないといけないですしね。

となると、おそらく今の家賃より

40,000円~50,000円の負担増になりますからね…

 

これでは、建てた後楽しく笑顔で暮らしていけないですよね?

となると、

 

  • 家の予算を削らざるを得なくなってしまう…

 

こんなことになってしまいますよね?

とはいえ、さすがに超ローコストビルダーでもない限り、

1300万円で家を建てることは非常に難しくなってきます。

 

近年は、耐震や断熱と言った性能面が、

大幅にアップしてきていることからコストは確実に上がっていますし、

消費税もバカにならないコストですからね。

 

となると、予算と要望とのバランスをいかにとっていくのか?

ということが鍵になってきますよね。

1500万円の予算で家を計画し、庭の工事費用も50万円に減らし、

当初よりも150万円の借入アップ、

返済金額に直して4,000円のアップといった感じでしょうか?

 

しかし、大幅に予算オーバーしてしまい、

建てた後、生活の質を落とさざるを得なくなり、

あなたやあなたの家族から笑顔が消えていくことに比べると、

こちらの方が遥かにいいと思いませんか?

 

ただ、このぐらいの予算で家づくりをしようとした場合、

どうしても収納が充分にとれなくなり、掃除・片付けがしにくく、

リビングにモノが散乱してしまう家になってしまったり、

使い勝手が悪い間取りの取り方になってしまったり、

使わない部屋を作ってしまい、なんだか狭苦しく感じてしまうような

家になってしまう可能性がグンとアップしてしまいます。

 

ですから、いかにこれぐらいの予算の中でも、

暮らしの質を落とさなくていい住まいをご提案できるか?

が私たち住宅会社の腕の見せ所でもあります。

 

とはいえ、最も良いのは、

土地にも予算を使い過ぎず、家にも予算を使い過ぎず、

建てた後の、生活の質落とさなくていい予算にて、

最大限に理想に近い住まいづくりを行なうことです。

 

土地探しに少し悩むことになるかもしれませんが、

まずは資金計画を行ない、しっかりと予算を把握した状態で

土地探しを行なうようにしていただければと思います。

 

その上で、欲しいと思った土地がどうしても予算を超えてしまうのであれば、

家の予算を下げることができないか?を一緒に考えればいいだけですし、

そのバランスを調整するのも私たち住宅会社の役割ですから、

いつでもご相談いただければと思います。

 

それでは、、、

カテゴリー:ブログ
↑TOP